日々雑感

2012年3月12日曇り晴れ

 

 

〜3.11〜

 

 

大震災・原発事故から1年経ちました。マスコミはここぞとばかり放映していない地震や津波の映像を流してましたが原発事故での情報はありきたりのもので恣意的なものを感じます。

 

 

 

震災被害の中で釜石市の子供が津波から守った教育が興味をもちました。「避難三原則」というものです!

 

 

それは「想定を信じるな」、「その状況において最善を尽くせ」、「率先避難者になれ」の3つです。学校教育からは幾分はみ出ていますが、命を守るための教育ですので仕方ありません。画一的な人間を作り出している公教育に対してのこの「避難三原則」を受け入れた釜石市の行政に感嘆します。

 

 

 

 

言い換えると「与えられたものを鵜呑みにしてはいけない」、「現在の状況を正しく把握する」、「先導者になる」ってことですからシンプルですけど行動に移すには安穏と暮らしている我々には難しいことかもしれません。やはり教育っていうものは大事なんです!日頃から注意しながら生活することが自分の命を守ることなんですね〜。うち帰ったら早速家族会議を開かねばなりません。