日々雑感

2012年1月18日晴れ曇り

 

〜拍手喝采〜

 

 

芥川賞の受賞者の田中さんの会見を見て久しぶりに面白かったです。山口県の人なんですね〜。

 

 

選考委員の石原慎太郎の「バカみたいな作品ばかり」といったのに対しての痛烈な皮肉、作家であれば権威がある賞をもらったら謙虚になるのが普通ですが「もらって当然」なんてなかなか言えませんよね〜。

 

 

会見場では拍手と笑いが怒っていました。その場にいた人の中でも言いたいことが言えない人から起こったものでしょう。

 

 

 

この拍手は田中さんが嫌いであろう石原慎太郎や橋下徹といった政治家の批判でもあるかもしれません。その政治手法が独裁だの反民主主義だのという人たちの反撃材料として使われる可能性もあるかもしれません。

 

この間も橋下市長と北大の山口教授がTVで喧嘩をしていましたが、両方とも話がかみ合いませんし他人の話の耳を傾けるという姿勢も見られませんでした。とても知的水準の高い人の討論ではありません!私はイデオロギーがどうのこうのと言っている連中は実社会では適合していないからそんな呑気な自分の考えを吹聴いているんじゃないんですかね〜?と思っています。

 

 

いや、そうやって喋るのが彼らの商売ですよね〜。

 

 

 

 

それはともかく田中さんというキャラクター、TVはほっとかないけど執筆活動だけに力を入れて石原慎太郎なんかの小説(彼の代表作ってあったのか?)を軽く抜いてもらいたいものです!私も田中さんの小説読みたくなってきました〜。