日々雑感

2011年12月8日曇り雨

 

 

〜青春の挫折〜

 

 

今日は時間的にタイトな1日、なおかつレノンの命日で開戦記念日です。寒さが厳しくなりました〜。

 

 

暇より忙しい方が良いに決まっていますので、忙しさに感謝です!

 

 

そして、息子の方は期末テストで今までに見たことない悪い点数で初めての「挫折」にイライラしています。私が「1点の重みを思いしれ〜」と言ったら「そんなことは言われなくても分かっている!」との事で、これ以上は何も言わないことにします。自分の時も親にがみがみ言われると嫌ですし、私よりもクールなので十分身にしみていることだと思います。

 

 

挫折は人を強くしますので、ドンドン挫折してもらうことが彼にとっては人間を大きくさせることになるでしょうからグレないようように見ておくのが親の役目と思っています。成績が下がった、好きな女の子から振られた等々これから待ち受ける挫折に耐えて進んでいくことが大事なんですよね〜?

 

 

私の仕事的には、午前中に岩国市、午後から弁護士の先生と協議、その後ハローワークの助成金担当の方と協議・・・・その中でも助成金の申請をしているのですがハローワークの担当の方はわざわざ事務所に来て下さり事情を説明してもらいました。労働局の方は助成金の対象の見解が相違しているとか、購入の際の領収書の内訳まで「エビデンス」を求めてきます。こちらもそれを見越したうえで言葉は悪いですが「ダメもと」で申請をします。

 

 

 

そうして協調できるところまで話をまとめるのは面倒くさいと言えばそうなんですが、それがまた面白いのがこの仕事かもしれません。時間のかけ過ぎはよくないですが誠意のある対応を心掛けるようにしています。