日々雑感

2011年11月28日曇り

 

〜大阪W選挙に思う〜

 

今日も暑いのか寒いのか分からん天気です。

 

 

 

 

大阪市長、大阪府知事選挙はタレント弁護士で前の府知事の橋下さんの狙いどおりになりました。選挙の前から橋本さんへのバッシング、対抗する現職市長への各政党の相乗りなど少し異常現象に近いものがありましたが、落ち着くところへ落ち着いたのではないかと思っています。

 

 

現職市長の負けた理由、それは政策論争ではなく「橋本の独裁を許さない!」という感情に走った選挙戦にしか持ち込むことが出来なかった事が大きな理由だと思うんですが、どうでしょう?

 

 

言い方は悪いですが「大阪都構想」なんてどっちでもいいような気がするんです。独裁でもいいから「リーダーシップ」のある人を選んだんですよ〜。前の総選挙で詐欺に合ったような思いを私達は持っています!鳩山、管の2人がどれだけ頼りなかったかということですよね?

 

 

 

 

既存政党の相乗り候補を当選させなかった大阪の人は間違っていないと思うんです。でも、大阪の選挙も変わってきましたよね〜?組織票が浮動票を下回る典型的な都市型選挙は東京や神奈川なんかでは分かるんですけど、案外と保守的と思っていた大阪人の気質が変わってきているんでしょうかね〜。

 

 

 

この大阪W選挙で国政も少し動きが出てくることに期待したいと思います!