日々雑感

2011年8月31日晴れ

 

〜資格試験という名の拷問〜

 

昨日も少し触れたのですが、28日は社労士試験でした。

 

毎年この話題に触れます!それが試験を合格したもののひとつの責任だと思います。

 

 

合格させないための試験ではあっても、基本的な問題を繰り返しやってきた人間に対しての思いやりなんて無いような問題があります。社労士になってからだって業務としてやることがあるのか?と首をかしげました。「1点、あと1点で合格だったのに〜」という受験生を多く作らない方がいいと私は考えますが如何でしょうか?

 

今年も暑かったので受験生の皆さんは、体と心を休めてくださいね〜。再受験の人も涼しくなってから始めてもいいんじゃないでしょうか?私みたいに引きずりながら勉強すると何年もかかってしまうので、気持ちの切り替えを・・・・とか言ってもそんな状態じゃありませんよね?悔しくって。

 

でも、諦めないで合格まで継続する意思だけは捨てないでください!