日々雑感

2011年8月10日晴れ

 

〜熱帯夜だった朝は〜

 

最低気温が25度以上の夜は「熱帯夜」と呼ばれます。

 

そんなマスコミの洗脳かもしれませんが、やっぱり汗まみれで起きるときは必ず熱帯夜なのです。こうなると朝からシャワーを浴びて気分爽快で仕事に行きたいモノ、でもこれが最低気温が22度くらいだとシャワーを浴びる衝動がそんなにありません。人間の体ってホントに気温によって敏感に又は精密にできているのだろうと思う時があります。

 

蒸し暑い夜はイギリスでも同じだったんでしょうか?暴動があちこちで起きていますよね〜?これは気温には関係なく、雇用の悪化で失業している若者を中心に起っているらしいです。イギリスにも「ニート」が多くて、そういう人たちがSNSで示し合わせて暴徒化して暴れているというのが真相だそうで、日本と同じくらいの財政状況(どっちもどっちなのかもしれません)の国ですから別に私たちの国でも起きても不思議ではないのです。

 

大震災の後で「秋口くらいから景気は良くなる」と言っていた人たち、今度の世界株の同時急落を目の当たりにしてどう言い訳するのでしょうか??私はこれは序の口で、日本の景気は良くなることはなく企業の業績は悪化し、産業の空洞化は一層進み、雇用環境はひどくなると思います。中小企業の社長さんにとっては、少しでも早い対応が必要になるのではないでしょうか?先ずは社員さんを「切る」のではなく「守る」ことを念頭に置いて行動することを望みます。