日々雑感

2011年8月1日晴れ

 

〜ダークナイト〜

 

地デジになってTVが面白くもなんともなくなったので、DVDを借りてくる生活が始まりました。週末のまったりした夜だけですがそうでもしなきゃ何処かの俳優の言葉ではないけども「日本のテレビは韓流とK-POPだらけ」なので興味がない人には苦痛でしかありません。歌番組も昔ほどではなく同じようなメロディーと歌詞で聞く気にもなれず、我が家にも地デジ開始と同時にTV離れが始まったのです。音楽に興味のない息子でさえも今のJ-POPは嫌いらしく「歌詞は分からんが洋楽の方がいい!」と言っています。真っ当でない親から真っ当な人間に育ってくれて私は嬉しいです(笑)。

 

そんなわけで土曜日の夜は「ダークナイト」を鑑賞しました。バットマンシリーズの一つですが、非常に面白かったです。2008年の映画らしく「カネ」本位の世の中の批判と人間の本質を恐怖と混沌であぶり出そうとする極悪人のジョーカー、あくまでも命の大切さと規範をもとに悪人を成敗しようとするバットマン、法と正義を守ろうとしてジョーカーの罠に落ちたツーフェイス。それぞれの立場でアメリカの資本原理主義を批判したのでないかと深読みするほど面白い映画でした。ジョーカーが奪った金を燃やすシーンなんか結構考えさせるモノがありました。2時間半が短く思うような映画久しぶりです!映画館で見るよりはレンタルDVDの方がはるかにお得なので過去の名作を見ることにします。

 

そうなると別に地デジが同行でなく、大きい画面の薄型テレビが欲しくなりましたよ〜。