日々雑感

2011年7月19日曇り雨

 

〜見えない力〜

 

日曜日に鳥栖のアウトレットモールと博多シティに行ってきました。少し心がすさんでいるので非日常を求めて、また息子がナイキのショップに行きたいということ、そして彼はこの夏休み部活動で休みがないので息抜きに・・・その他諸々の理由で楽しんできました。

 

月曜日は女子サッカーの試合を2回も見て満足な1日でした。勝ててホントに良かったですよね〜!PK戦になって最初のシュートを決めた時に勝ちを確信しました。日米の選手のインタビューで「何か目に見えない力があった」とのコメントがありましたが、勝った負けたにはそれぞれの科学的な原因しかないと思うのです。入ったシュートやドリブルにも必ず根拠があるのです。選手個々の勝負への「意思」が「目に見えない力」と言うべきなのでしょうか?たぶんその「意思」についても宗教的、哲学的なものではなく「本能」に近いものだと私は思います。

 

ところで、原発事故に対しての隠蔽を「見えない力」で押し通してしまう雰囲気があります。今のTVの討論番組を見ていたらそんなことを言っていた人がいましたが、これは政官財の癒着以外の何物でもないはずです。そこには3者の自己保身しかありませんよね〜。別に原発反対とか賛成とかではなく、自己保身のために人命を危険に晒しているのは「見えない力」ではなく、ただ単に不作為という犯罪行為なのではないでしょうか?この問題について「意思」は皆無です!あるのは欺瞞と怠慢、それに被災者の将来の犠牲なのです。

 

何だか暗い話になってきましたが、兎に角女子サッカーの優勝は少しだけでも励みになることは確かです。