日々雑感

2011年6月1日曇り晴れ

 

「日本の会社の悪しき習慣ベスト10」をネットで見つけたのですが、これが以下のとおりです。

 

 

「日本の会社の悪しき習慣」ランキング(出典:gooリサーチ)
1〜3は永遠の問題ですよね〜。これは国民性としか言いようがないのではないでしょうか?労基署だって限られた人数で仕事しているわけですから取り締まりにも限界があるわけで、根絶は無理でしょうが社長さんはこの問題をなくす努力を行う義務があります。
4〜6も同じです。どうしても協調性が大事だと教育されてきているし、上司の言うことは聞かないと嫌がらせされるし、上司から継がれた酒は飲まないといけないし、先に帰るわけにもいかない・・・・これらを自分のやりたいようにすると不満分子と思われて昇格も昇給も遠ざかる。私は自分のしたいようにしていたので前の職場では相手にされなくなりました。そうなっていくともう仕事なんて真面目にやりませんからミスの連続でやっぱり周りの人に迷惑をかけたので反省しています。
8に関してはもう既に制度自体が崩れつつあります。勤続年数によって給与が上がるのは不公平感もありますが、私の人事評価制度では給与の一部は勤続年数ではなく、年齢給を採用するように勧めます。でも、なかなか社長さんには受けが良くないですね〜。
10に関しては今や「お茶くみ」はセクハラもしくはパワハラに属します。9は今年の大問題です!電力不足で東日本はともかく西日本でさえも冷房の設定温度を上げるという暴挙・・・むやみな節電は生産力を下げるやもしれません。いずれにしても習慣を変えるなんてすぐにとはいかないモノ、ひとつひとつ皆の努力で解消していくしかありません。それよりも何よりも原発事故の収拾と震災の復興が最優先ですよね?