日々雑感

2011年5月12日曇り雨

 

ここ数日すごい雨量になってきました。水不足にはいいかもしれませんが土砂災害が心配です。

 

この前は泣き言を言ってしまいましたが、今日は仕事の話を・・・・

 

震災と原発事故での雇用不安について、政府は対策案を発表しました。雇用創出の対策として求人情報をハローワークへ一元化するらしいですが、これには?がつけられます。少しおしつけが過ぎるのではないかということと一元化することによって自由な求人活動が妨げられるのではないかという懸念があります。もう少し弾力的に対応した方がいいのではないでしょうか?

 

しかし、ハローワークの手当の中にももう少し規制緩和すれば良いモノが沢山あります。それがトライアル雇用助成金です!現在は3カ月分の賃金の補助だけですが、この期間を1年とか2年とかに延長すれば会社の方も働く人も助かるのではないでしょうか?もう一つは雇用調整助成金です。要件の緩和は被災地限定ですが、被災地以外でも影響は出つつある会社にも要件の緩和をすると国全体の中小企業の倒産もより少なくなると思います。かつての都銀やJAL、今の東電のような大企業が倒産しかけると公的融資をして倒産を防ぎますが、中小企業にはそんな甘いことは皆無です。大多数の事業主の方はこれが最大の不満ではないでしょうか?私自身、税金と投入してまでこれらの救済を図ることはなかったと今でも思っています。

 

このように雇用創出や就業支援の政策は、少々古臭い言い方ですが「選択と集中」が必要になってきます。その後で増税議論をすべきではないでしょうか?マスコミが世論調査をし「増税仕方なし」という報道は作為的ですので個人的には増税は反対です!!まあ、この大惨事をいいことに権力を維持しようとしている管政権などはすぐに辞めてもらい、この国に難局を乗り切る人材がいないのなら外国から招聘するのも一つの手段ではないでしょうか?