日々雑感

2011年3月17日晴れ

 

このたびの震災の被害は甚大なものとなっています。被災された方々には何と言っていいものか言葉が見つからない状態です。TV等で惨状を見ると私も応援ボランティアに行こうかなんて思うのですが、かえって邪魔なだけでしょうから遠慮しています。

 

国の存続にかかわる大事件、どのチャンネルをつけても地震関連の報道の中で疑り深い私は総理や官房長官の毎日の会見を見て「なんか隠してる」と思うようになりました。主には福島原発の事故のことです・・・・・最初の地震の強さが二転三転したのは、この原発の事故を前提にした情報操作ではないか?会見の管や枝野の顔には明らかにうそを言っているような仕草があります。「目の焦点が定まらない」、「口ごもって声を発する」などからそんな疑惑が私には芽生えてきました。そして、東京電力は過去も事故を隠蔽や改ざんした経歴がありますし、原発事故では最悪のレベルは避けたいという思惑と絡み合って国民に虚偽の発表しかしていないのではないかと思います。

 

あれだけの爆発で建物の中の構造物が破損しないわけありません。しかし、政府やTVに出てくる学識経験者はことさら「安全」と繰り返すことに違和感を覚えます。迅速で正確な情報はこの日本でも国民には伝わらないのでしょうか?戦時中の政府と変わらない体質がまだ残っているとしたらこれは悲劇でしょう。10年後にこの国が存続しているかどうかの瀬戸際に来ていることを自覚しているのか?そのことを国民は問いかけなければいけません!

 

また物資の供給に整列しているのを見て、日本人の公共精神の高さがうかがえます。パニック状態で略奪や放火なんて当たり間の他の国では考えられないことでしょう。けれどこの従順さがある面では怖いような気がします。それは、増税や社会保険得料の値上げなどの苦痛を強いられて、なおかつこの震災と原発事故を建前上我慢している人々には真実を追求するという反骨心に欠けるのが一般的な考え方ですよね?国家を再建していくにはパワー不足を心配しているのです。

 

正確な情報公開と再建への道筋を間違えると世界中の信用をなくすことを忘れないで行動しなければいけません。