日々雑感

2011年1月31日晴れ

 

この冬最大級の寒波の真っ只中です!1日のうちでどの時間が幸せかというと「お風呂」の時間ですね〜。この寒さもあと1日くらいですので我慢するとします。

 

土曜日の深夜はサッカー見てました!優勝してよかった〜。次に日からずっとTVは決勝ゴールのシーンばかりですけど見飽きませんよね〜。勝ったから何とでも言えることは気持ちのいいことです!ヨーロッパ等はサッカー全盛ですが、一部の学者しかも貴族階級とか上流階級出身の学者はサッカーというスポーツを「労働階級のスポーツ」と卑下するそうです。例えば経済や経営の論文にはサッカーと例え話にするよりもクリケットやアメフトを事例にする人たちですが、「何言ってやがる!」と私は思います。

 

確かに論理的なスポーツではありません。偶発的なアクシデントが審判によって意図的に一方のチームにゲーム展開を有利にさせます。そして、今は選手の移籍金などで外貨を稼ぐ手段にもなっていることからマネーゲームの道具にもなっていることも確かです。おまけにどの国のサッカー協会も実に政治的な動きをして自国に少しでもおカネが入るようにロビー活動もするでしょう。でも、どのプロスポーツでもそのような一面を持っていますので批判には当たらないと思いますよ〜。国際大会ではお金よりも国の名誉のために戦っているのですから、スカシタ学者たちにとやかく言われる筋合いのことではないのです。

 

私は、何よりこの1カ月ワクワクさせてもらったことが嬉しいのです。家に帰って深夜に1人でこれからのことを考えると結構ネガティブになったりすることもあるのですが、それがお金をかけずに少しでも和らいだのだから良かったじゃないか・・・と思うのです。特に決勝では山口県出身の岩政選手がプレーしたので、私としては大満足の大会でした。後はこの寒波が過ぎ去ってくれればなおいいのですが・・・・寒いと神経痛で腰や肩や首が凝るのでキツいんですよね〜、特に昨日から今日にかけては外でも家の中でも、かき氷を食べた時の頭の痛さを思い出しますんで。