日々雑感

2007年11月26日晴れ曇り

 

総合庁舎から文化会館に向けての桜並木はいま紅葉の最盛期で見ていて美しい。どんなに廃れても人がいなくなっても生まれ育ったところは憎めないのが本当の気持ちで、特に昔の面影を残している所は見ていて心が休まるのだ。

きょう家人が母の葬式関係のものを整理していたのを手伝っていたら色々なものが出てきてとりあえずは片付いたのだが、捨てられないものがありそれを母が以前貸金庫を借りていたのでそこへ放り込んできた。これも全然金目なモノはないのだが大事にとってあるが、貸金庫を借りるほどの身分じゃないので今年中には止めようと思っているのだ。まだまだ私の生活には無駄がありすぎるので削ぎ落としていかなければいけないものが多くあるようだ。

今年も本当に後1月、早いと言えば早すぎる1年で「何やってたんだろう」と思うことばかり、もう少し気合を入れて頑張ろうと思うが最近はまた睡魔が襲ってきて眠たいのだ。

 

今日の曲・・・杏里「ドルフィン・リング」