日々雑感

2007年1月7日雪


爆弾低気圧のおかげでこの3連休は雪が降り寒くなってきた。今日の朝は屋根に雪が津も降り私は1歩も外に出まいと決意する。

イラクのフセイン元大統領が処刑されたがそのときの映像が隠し撮られていたのを見て人間というものはかくも弱きものだと思ってしまう。宗教の派が違うと言うことだけで死を目前としたものに対して罵声を浴びせるなんて考えられないことである。一神教の怖いところがここにある。八百万の神々がいる日本でよかったと思う。

神様なんてこの世にいるわけがないし、いたとしても人間の作った偶像にしか過ぎないのだが、中東の戦争は油と宗教が複雑にいり乱れて平和が訪れる事はないのであろう。心に潜む闇は計り知れず、浅はかな差別を生むことは悲しいことである。

浅はかと言えば魚の呼び名で差別的なものを改名するという記事を新聞で読んで呆れてしまう。色々差別があるが悲しいことになくなることはないだろう。魚の名前を変えたところで一体何が変わるのか?偽善とはまさにこのことで私はこういうのが大嫌いである。いかにも人がよさそうなヤツこそ本心は残忍で卑しい心の持ち主であることの方が多いというのが大体の相場である。

2つの全く関係のない事柄だが、その根っこには「差別」意識が人の心にくすぶっているように私は思えてならない。私だって無意識のうちに差別していることがあるだろうと思うと少し考えさせられて反省してしまう。もっとも私の場合は「いい人か?悪い人か?」または「好きか?嫌いか?」で区別しているように思えるのだが、これは誰でもあることと思っているので気にしていないがこれさえも差別を生む温床になっているのではと怖くなるのである。

今日の曲・・・井上陽水・奥田民生「パラレルラブ」