日々雑感

2006年12月28日晴れ


昨日とは大違いの寒い1日で1歩たりとも外に出ようとは思わないので、外へ出なかった。この気温の急激な変化はやはり自然の警告か?50年後には北極の氷が解けて海面が上昇するというような報道があったが本当になると困る。でも私はすでにそのときは死んでおり関係ないのであるが少しでもエコライフに貢献しようとは思っているが寒いのでやっぱり暖房をガンガンにしているのだ。

夕方から雪がちらつき始めた。この冬初めてである。風が強くてつもりはしないが見ているだけでこっちの体感温度も下がるようだ。

先日ブラインドサッカーのW杯の話題をニュースで見ていたが、視覚障害者の大会であるにもかかわらずちゃんとパスが通るし、キーパーも反応しているのには驚いたとともに感動してしまい涙!老眼になったとは言え私は彼らの動きの半分もできないだろう。視覚を失うとその代わり嗅覚、聴覚が通常の人の何倍にもなり加えて知覚という感覚が生まれるらしい。それに第6感が研ぎ澄まされチームメイトの考えていることが分りパスやシュートができると言うことらしい。

こういう人たちを見るといかに私が怠惰に、しかも打算的に動いていることを思い知らされて力づけられるというよりは恥ずかしい気持ちになってくるのだ。やれ寒いだの、腰が痛いだの、首が痛いだのとあれこれ理由をつけては休もうとしたり、ひどいときには同情を売ったりする私は駄目な人間である。46歳になろうとしているが寺にでも行って修行した方がいいのかもしれない。

今日の曲・・・玉置浩二「田園」