日々雑感

2006年9月22日晴れ


今日の新聞のトップに東京都の教育委員会の裁判が掲載されていた。都の通達、卒業式などで国歌斉唱、国旗掲揚の強制が憲法違反ということらしいが私には理解できない。私たちの頃はそれが当たり前だったので「何が違憲なのか?」と思ってしまう。

原告の教職員は自分達の給料がどこから出ているのか分っているのだろうか?せめて義務教育の間は国歌斉唱や国旗掲揚はすべきである。教育とは先ず国家観を教えるべきでそれが出来ないから学力が落ちているように思える。世界の国ではまともに教育を受けることが出来ない子供達だっているので日本はその点では恵まれているではないのだろうか?

教師は労働者である前に教師でなければいけないと思う。その点で各県の国立大学にある教育学部ではなく、昔で言う師範学校みたいな大学を設立して教師自体の教育をしっかりとすべきである。子供は時として利己的で打算的で冷酷である。ひどく怒らないと子供は分らないことが多いので、そのときは怪我をしない程度の体罰もありではないのか?本

とはいっても親のほうも最近は子供に甘すぎるので家での教育もしっかりしていかないといけないと痛感している。因みに我が家では怒られると腕立て10回とか腹筋10回とかペナルティを課している。ん〜、うちも子供に甘いかもしれない。

今日の曲・・・スガシカオ「スピリット」