日々雑感

2006年5月11日晴れ


怒ったり、落ち込んだりした昨日とは随分違った気分の1日になった。子供の頃から情緒不安定と言われていた私は、まだまだ子供なのだろうか?でもやっぱり体のことは気になるのだから仕方が無いが、それでドクターに迷惑をかけているのかもしれないとも思ったりもする。ということで明日PETを受けることにした。「人間はいつか死ぬのでそれを受け入れなければいけない」なんて心境には死んでもなれないのである。やはり私はまだまだ子供なんだな〜と思ってしまう。バッド(下向き矢印)

よく女性の方が「少年のような心を持った人が好き揺れるハート」なんていうのを聞いて不思議に思う。オジサンが泥んこになって遊んだり、飛行機や車のおもちゃを動かしていたり、かくれんぼをしたりするのが”少年のような”ということなのか?それはどう考えてもそんなことをして遊んでいるのは心が病んでいるか、それとも何処かの風俗店のプレイじゃないかと変な考えをもったりする。私の周りの友人にはいないタイプなので機会があったら是非お会いしたいものである。

確かに少年の頃に戻りたいような気もする。あの頃は恐れを知らず、自分中心に世界が動いているような錯覚があった。でもだんだんと怖いものを怖いと思い、挫折に次ぐ挫折でどうして良いか分らなくなっても生きていかなくてはいけないことを思い知らされる。そうなると”少年の心”なんかは何処かに忘れ去られて、権謀術数蠢く社会に身を委ねてもがいて生きていくのだ。これが普通である。よほど金と心に余裕がある人にしか少年の心を大人になった今でも持っている人にはなれないように思うのだが。ん〜〜、私はかなりひねくれ者で僻みっぽいのでそう思うのかもしれない。ある意味でまだ大人になっていないのは私の方かもしれない。

今日の映画・・・「さよなら子供たち」