日々雑感

2006年3月3日


車を運転していると雪がサーっとウィンドウを覆った。道を歩いている人はとても寒く見えて前かがみになって歩いていた。でも、多分これが今年最後の雪になるだろう。この冬はとても寒かったので私はダウンジャケットを買ったくらいだ。家の中に冬物を収納するスペースを作らなければと思い車を走らせた。放っておくと私の冬物だけそのまま埃にまみれてもそのままにされるので自分のことは自分でしようっと!

今年から確定申告をすることになってしまったので申告書は早い時分にもらってきていたのだが、いざやろうと申告書を開いてみるとぜんぜん分らないので申告会場に聞きに行った。若い税務署の職員をつかまえていろいろ教えてもらった。どうやら結構還付されるとの事で俄然やる気になり申告するぞ〜モードに入った。早く脱税、いや節税するにはと気を揉む位になりたいものである。若い職員は最後に「国税庁のHPだったら申告書も簡単に作れるッス」と若々しい言葉使いで税務署のPRまでしてもらったので「よく分ったッス」と言い返して帰ってきた。どうなんだろう?こういう時は怒った方がいいのかな〜。まあそう言われてもあまりカチンとこなかったのだから彼のキャラクターなのかもしれない。あと3年もすれば彼もどっぷりと公務員らしくなるのだろう。

申告会場から帰る時に徳山の商店街を見てなんともさびしい街になったものだと改めて感じた。そこにはかつて高校生の私たちが嬉々として友達と一緒になって騒いでいる姿をダブらせてイメージすることが不可能なくらい荒んだ街並があるだけで、道路にはただそんなに乗っては来ない客待ちのタクシーが黙って並んでいる。ここにいると過去はあっても未来はないような気がしてきたので、車のスピードを上げて走り去っていった。

今日はこの曲・・・イルカ「なごり雪」