日々雑感

2006年2月9日


昨日から雪がちらついていたが、朝起きてみると少し積もっていた。登校する子供たちは大騒ぎで、もっと寝ていたい私は彼らの大声で起こされてしまった。まだ筋肉痛が治まらないのでこれがつらい。

さて、秋篠宮妃殿下のご懐妊で情報番組はライブドア、耐震偽造の問題がどこかに追いやられているがちゃんと継続して欲しいものである。今国会で皇室典範の改正について反対か賛成かという議論については私の意見は(どうでもいいのだが)反対である。第1に有識者会議の時間数があまりにも短い点について疑問が残る。男系の天皇制をこれだけ維持してきている国はそうないだろう。伝統文化の継承をたかだか30時間の話し合いで国会にあげて法案を通そうとしている総理の軽薄さに「いいかげんにしてくれ」と言いたくなる。第2に皇室を政治闘争の道具にしている国会が腹立たしい。自分たちの保身の為に皇室を利用するのであれば先の太平洋戦争のときと全く同じである。日本の政治家は学習能力がないのかと思いたくなる。第3にこのご懐妊によって東宮家の立場がいっそう悪くなるのではと言う懸念がある。皇太子妃殿下は今病気療養中であるにもかかわらず、また頭の悪い宮内庁の役人は東宮家にたいして過度の期待をすることは間違いない。こういうときに皇室典範の改正をすることには反対である。

どうも小泉総理になってからこの国はせっかちになってきたように思うし、日本の重要な問題は後回しに、時には性急に処理してきているように感じるのは私だけなのだろうか?
私たち国民はもう少し国家に対して”物申す”ことが大切になってきた時期が来たように感じている。


   昨日読んだ本・・・・・「野口雨情詩集」