日々雑感

2006年1月21日


金曜日から土曜日にかけて我が家のテレビ番組はお笑いが占める。息子がチャンネル権を支配しているからだ。小学生で「ハードゲイ」の意味も分らないのに言葉だけが彼らの会話に飛び交っている。今のお笑いブームに関しては私は適当に笑っているが、腹を抱えて笑うということはないのはネタばかり凝っていて本来の言葉とはかけ離れてリズムや韻で笑わせているからではないだろうか?

私の笑いのルーツは「シャボン玉ホリデー」や「てなもんや三度笠」であったので時代が違うのかもしれないが、これらには風刺や音楽的なセンスが効いていて自然にそれらを吸収していったのではないかと思う。今のお笑いはそんなものが一切なく、ひどいものになると”いじめ”に近い意識が働いているように感じる。


そんなわけで(どんなわけだ?)私の面白かった漫才やコントのベスト5は

第1位・・・・夢路いとし、喜味こいし
第2位・・・・コント55号
第3位・・・・オール阪神、巨人
第4位・・・・てんぷくトリオ
第5位・・・・横山やすし、西川きよし

勝手につけさせてもらった。

今日は寒かったのでこの曲・・・・・レミオロメン 「粉雪」